一般ニュース

家族に教えておこう!大規模災害時に解放され、誰でも使える無料のWi-Fi『00000JAPAN』

top01

NTTBP、KDDI、ソフトバンクモバイルなど約90の企業が加入する「無線LANビジネス推進連絡会」が大規模災害時における公衆無線LAN(Wi-Fi)の無料開放を発表しました!

 → 公衆無線LANの利活用について – 無線LANビジネス推進連絡会

カフェや屋外など街中ではいろいろなWi-Fiの電波が飛んでますよね。SSID(ネットワーク名)が「0000docomo」や「wi2」となっているものとか。でも、これってほとんどがケータイユーザー向けのサービスだったり、契約が必要な公衆無線LANサービスだったりします。ようは、勝手に使えないWi-Fiなんです。

しかし、ありがたいことに大規模災害が発生したときにはこれらの公衆無線LANが『00000JAPAN』というSSID(ネットワーク名)で無料開放され、ケータイで通話・通信できないときにこのWi-Fiを使ってメールやSNSが利用できるようになります。
スマホからWi-Fiをサーチする時に上位に表示されるのが0000で始まるSSIDで、そして、国内外の人にすぐわかってもらえるようJAPANを付けたそうです。

大規模災害の発生から72時間以内に無料解放するとのことですが、ケータイの障害はもっと早期にわかるはずですし、すぐに家族の安否を確認したり帰宅難民にならないための交通情報を調べたりできるよう、6時間以内の解放をお願いしたいですね。

とはいえ、ケータイがマヒしているときにこういった通信インフラが活用できるようになるのは何かとありがたいです。皆さんも、もしものときの対処法として「大規模災害時に誰でもで使える00000JAPANっていうWi-Fiがあるんだよ」と家族に伝えてあげてほしいと思います。Wi-Fiの接続方法も繰り返し教えてあげるといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で