PS4

コナミ・小島監督、PS4で「P.T.」を配信した2つの目的を明らかに!

ソニー・コンピュータエンタテインメントが2014年9月1日の15時から開催した「SCEJAプレスカンファレンス2014」の中で、コナミの小島秀夫監督が登壇し、PS4のダウンロードゲーム「P.T.」について解説しました。

th_2014-09-01_1600

P.T.はPS4用の無料配信ゲームで、今後発売予定のゲーム「サイレントヒルズ」のプレイアブルティザーであることを改めて強調。つまり、遊べる実験作品です。

P.T.を配信した目的は2つあったそうで、これを小島監督が明らかにしてくれました。

1つめはPS4のシェア機能を使って、1人で解けない課題を世界中のみんなで協力してクリアするという実験。最後のステージは6言語がわからないと解けないんだそうです。
2つめはPS4の実況プレイ。怖がっている映像を他の人に見てもらって、ゲームの輪が広がる仕掛けを試してみたかったとのこと。

th_2014-09-01_1602

P.T.はめちゃくちゃ怖くて、僕も友人がプレイしている映像を見ていてその凄さに驚いてしまったんですが、小島氏はぜひ多くの人にプレイしてほしいとおっしゃっていました。

なお、「メタルギアソリッドV ファントムペイン」の最新情報については東京ゲームショウ2014で公開するとのことですよ!
僕はちょっと今年のゲームショウに行けないので残念すぎますが、行ける人はぜひコナミブースをチェックしてみてくださいね!

白い『PS4』本体(グレイシャー・ホワイト)、2014年10月9日に発売決定!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で