感想

こんな子いたら付き合っちゃえばいいのに「嘘にも恋がいる」


LINEコミックスから発売された「嘘にも恋がいる」(原作:河井あぽろ)を一冊いただきまして、読んでみました!

ここ最近だと映画『ちはやふる』が個人的には大ヒットだったので、少女マンガもなかなかいいもんだな~なんて思っていた矢先のことです。そんな興味からパラパラっと読み始めたら、これがあっという間に1巻を終えてしまった!面白かったんですよ!

少女マンガ独特の“どの順番に読んだらいいんだコレ”に何度かぶち当たったものの、高校1年生の主人公・夏芽が幼なじみの裕貴に想いを伝えられずにいるなかで、別のイケメン男子・ちかげとタッグを組んで嘘の彼氏彼女を演じながら裕貴のヤキモチを焼かせる、みたいな内容なんですが、もちろんそんなにストレートにうまくいくはずもなく。。。

逆に、あれ?お前たち気持ち揺らいでない?と、読みながらツッコミたくなる場面があり、うまい具合にストーリーに引き込まれていっちゃいました(笑)

幼なじみがメインのよくある設定ではありますが、青春時代にこんな彼女がいたら良かったのにな~なんて思い、裕貴の鈍感!バカ野郎!と夏芽を代弁しておきます!

まだまだ1巻なのでラストはまったくどうなるのか想像もつかないんだけど、先が気になる終わり方でしたね!

LINEスタンプがもらえるみたいですし、ぜひ読んでみてください!

嘘にも恋がいる 1 (LINEコミックス)

Kindle電子書籍版もあります。

嘘にも恋がいる:1

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で