一般ニュース

関西のセブンイレブンで阪急阪神の「Sポイント」が利用可能に!セブン&アイがH2Oと資本業務提携

th_2016-10-06_1544

2016年10月6日、セブン&アイグループとエイチ・ツー・オー リテイリング(H2O)が資本業務提携したと発表しました。両社は傘下で苦戦の続く百貨店事業において、エリア・業務の選択と集中を加速したい考え。

セブン&アイグループは傘下のそごう・西武の苦戦が続いているのはこのところの店舗閉店のニュースを見てみなさんもよくご存知でしょう。H2Oは阪急百貨店と阪神百貨店といった関西エリアで強みを持つ百貨店事業を展開していて、セブン&アイグループは今回の提携をきっかけに、そごう神戸店、西武高槻店、そごう西神店の事業をH2Oに受け継いでもらうことを決定しました。

また、阪急阪神グループのポイント制度「Sポイント」を関西エリアのセブンイレブン店頭にて使えるようになります。nanacoの普及に力を入れているセブン&アイグループですが、もしかしたら「Sポイント」の利用解禁は提携時にH2O側から提示された条件なのかもしれません。

以下、今回の業務提携の内容を貼っておきます。

(1)業務提携の内容
以下の事項等について、各正式契約の締結に向け、今後、両社間で協議してまいります。
・株式会社そごう・西武のそごう神戸店、西武高槻店及びそごう西神店に関する事業を H2O が承継すること。
・株式会社セブン‐イレブン・ジャパン(以下、「SEJ」といいます。)が、H2O グループの推進するポイントプログラム「S ポイント」を関西圏の SEJ 店舗に導入すること。
・その他両社の顧客にとってメリットのあるサービスを実現すること。

資本提携内容としては、約57億円相当の株式を両者で相互に持ち合います(H2Oの発行済株式総数の3%)。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で