本当はレッサーパンダがすごい「熱川バナナワニ園」、双子の姉妹も三つ子の兄弟も! #東伊豆PR

静岡県東伊豆町・熱川温泉にある観光スポットの「熱川バナナワニ園」。ワニがたくさん見られる動物園と、バナナや珍しい植物を見学できる植物園で構成されるテーマパークです。

ところが、僕がおすすめしたいのはレッサーパンダ!

熱川バナナワニ園は日本で唯一、「ニシレッサーパンダ」を飼育している動物園なんですよ。

一般的に知られているのは中国のシセンレッサーパンダですが、ニシレッサーパンダはインド北東部やネパールに分布する珍しい種類。

つまり、世の中のレッサーパンダ好きは、ここ熱川バナナワニ園に来ないと話になりません(笑)

可愛すぎるレッサーパンダたち!

熱川バナナワニ園にいるレッサーパンダはすべてニシレッサーパンダ。

この日、中央の大きな木で過ごしていたのはこの3匹!2016年生まれの双子の姉妹「みつば」「よつば」と、2011年生まれのオス「ペリー」です。

↓ここに3匹いるのがわかるかな?

また、オスの「くう」「ライチ」「かがやき」、メスの「こだま」は、それぞれ別の飼育檻で観察可能。

(くう)
(ライチ)
(かがやき)
(こだま)

僕は時間が合わなかったので見られませんでしたけど、9時と15時にはもぐもぐタイム!食事しているレッサーパンダが間近で見られますよ。


あまり知られていませんがレッサーパンダは暑さが苦手で、実は寒いところが好き。なので夏の日中はぐで~っと寝てることも多いんです。

そして、2018年7月25日に誕生した三つ子の赤ちゃんの名前が決定しました!

3頭ともオスで、「あさひ」「あけぼの」「あかつき」。僕が来園したときにはまだ1歳にも満たないタイミングだったせいか、園内で見られませんでしたが今後公開されるんでしょうね!

もちろん、ワニも珍しい植物も見られる

ワニは凶暴なイメージがありますが、熱川バナナワニ園のワニはおとなしい。小さなお子さんでも安心して見学できますよ(^^)

イメージキャラクターの「熱川ばにお」は何気に2018年に命名されたばかり!

温室はけっして暑いわけではなく、夏場でも快適に見学可能。

熱帯性の植物が多く栽培されていて、日本では普段みられない植物を見て楽しめます。

実はマナティーも有名!人懐っこくて可愛い

アマゾンマナティーの「じゅんと」。こんなに可愛いのに、もう54歳なんだとか!動物の年齢ってわからないものですね〜。

なんと、アマゾンマナティーを飼育しているのも日本で熱川バナナワニ園だけ。国際自然保護連合の絶滅危惧種に指定され、世界でも希少です。

人懐っこいので、水槽の目の前まで来てくれます!一緒に自撮りしてるお客さんもいましたよ。

熱川バナナワニ園へのアクセス方法

熱川バナナワニ園の場所は伊豆熱川駅の北口から出てすぐ目の前!

たくさんの温泉旅館が並ぶエリアで観光客も多い熱川は、実は平日だとそんなに混雑していません。土日も良いけど、ぜひ平日に訪れるのがオススメです。

レッサーパンダ好きは絶対に行った方がいいゾ〜!

熱川バナナワニ園
■営業時間:9:00〜17:00(最終入園 16:30)
■定休日:無休
■入園料:おとな1,800円/こども(4歳〜小学生)900円/4歳未満 無料
■住所:静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本1253-10(MAP

お問い合わせ・提供:東伊豆町観光協会

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で