感想

【PR】プラチナエンド(大場つぐみ&小畑健)は面白くてハマる!ジャンプSQ.電子版が配信開始

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

“計画通り”。マンガ「DEATH NOTE」の有名な1コマなんですが、僕はDEATH NOTEが世に登場してからすぐにハマり、マンガもアニメも実写版もどれも見ました。あのハラハラドキドキ感がたまらないですよね。

なんと、そんな「DEATH NOTE」や「バクマン。」で知られる大場つぐみ&小畑健の新作が登場しました!本日2015年11月4日発行のジャンプスクエア(ジャンプSQ.)12月号で連載がスタートしたのです。

そのタイトルは「プラチナエンド」!!

photo-4

そして、同日からは電子書籍の「ジャンプSQ.デジタル版の配信が始まりました!いわゆるサイマル配信ってやつで、雑誌と同じ日に電子版が配信されるため、僕らは書店やコンビニにわざわざ行かなくてもスマホとかタブレットでサクッとダウンロード購入でき、電車の中とか暇な時間にもっと気軽にマンガが楽しめるようになったんですよ。

photo-9

今回、レビューズのタイアップ企画で、ジャンプSQ.デジタル版(電子書籍)を実際にダウンロード購入し、スマホとタブレットで読んでみましたのでご紹介したいと思います!

早速、ジャンプSQ.デジタル版で「プラチナエンド」を読んでみた!

もうね、最初から期待が高まりますよ!ダウンロードしている時間ずっとワクワクしていましたもん(笑)

あまりネタバレなことは明かさないでおきますけど、第1話は自殺しようとした主人公・架橋明日(かけはしミライ)君を天使が助けるところから始まるんですが。。。いいから見て!!「プラチナエンド」、すげぇ~面白いから!!!

そして、「DEATH NOTE」のときに感じた、残酷なことをサクッとやっちゃいそうな今後の展開に期待せざるを得ません!!すでにもう次の1月号が読みたいんですけどこの気持ちどうしたらいいの(笑)

紙ではなく、電子書籍であるメリット

僕はだんぜん電子書籍が好きでして、紙の本はまったく読んでいません。これでも出版社出身の僕ですが、もう紙はゴメンナサイ。。。献本とか見本誌をいただくことはありますけど、できることなら電子版でお願いしています。

やっぱり、電子書籍の最大のメリットは物理的な本が不要なことでしょう。僕は何百グラムもある本を別途持ち歩くのは邪魔と思ってしまいます。電子書籍はデータですから、普段持ち歩いてるスマホやタブレットさえあれば済むんです。そして、電子書籍であれば、読み終わってもゴミになることはありません。ゴミ出しする負担も時間もゼロなんです。嬉しいことに電子書籍の方が紙版よりも安い場合が多いのも魅力!

ですので、僕にとってジャンプSQ.の電子書籍が始まったことは大歓迎なんですよ~!

photo-5

 

ジャンプSQ.デジタル版を読めるサービスは?

ジャンプSQ.デジタル版は以下の電子書籍サービスでダウンロード購入が可能です。Kindle電子書籍もありますから、普段からAmazonで電子書籍を買っている人はすんなりジャンプSQ.デジタル版をダウンロードできますね!

  • 少年ジャンプ+
  • ジャンプBOOKストア!
  • Amazon Kindle
  • BookLive!
  • eBookJapan
  • LINEマンガ
  • Yahoo!ブックストア

 

ジャンプSQ.デジタル版の買い方

iPhoneなどのスマホやタブレットではKindle電子書籍が読めるのは御存知の方も多いと思いますが、上記一覧のとおりジャンプSQ.デジタル版はKindleで読めます。つまり、AmazonでKindleストアからジャンプSQ.デジタル版を買えば、iPhoneで読めるのです!

それでは買い方を解説しておきましょう。普段からAmazonを利用している人なら非常に簡単です!

AmazonのWebサイトにアクセスして「Kindleストア」のページから“ジャンプSQ”を検索。“Kindle版”と書かれているジャンプSQ.12月号をタッチします。こんなに簡単に購入ができますよ!500円なので紙版よりも90円安いのがありがたいですね!

th_写真 2015-11-04 10 32 37-2

 

ダウンロードして読む方法

Kindleストアで購入したら、購入したという情報がKindle内に記録されるので、あとはスマホやタブレットの「Kindleアプリ」を開けばOK。まだKindleアプリを使っていない人はぜひAppストアからダウンロードしておきましょう!

Kindleアプリを開くと(初回時はAmazonアカウントの入力が必要)、このとおりジャンプSQ.デジタル版を購入した証拠に表紙画像が表示されます!端末側にジャンプSQ.デジタル版のダウンロードが始まるので、数分待てばすぐに読めます♪

th_写真 2015-11-04 10 40 46-2

 

1度買えば複数のスマホやタブレットで読める!

ちなみに僕は2Kディスプレイを搭載したタブレット「ASUS ZenPad S 8.0」を持っていまして、先にダウンロードしたiPhoneの後にZenPad S 8.0のKindleアプリを起動すると、このとおり追加料金なしでジャンプSQ.デジタル版のダウンロードができました(念のため、他人へはコピーできませんよ♪)。

photo-12

つまり、1冊の料金で複数のスマホやタブレットでジャンプSQ.デジタル版を読めるということ!

photo-18

ちなみに、どこまで読み進めたかという情報がクラウド連携していますから、例えば、満員電車のなかで立っているときはスマホで読んで、途中の駅でシートに座れたら画面の大きいタブレットで続きを読むなんてこともできちゃう。デジタル版は便利なんですよ~!

photo-20

 

特典が魅力!ジャンプSQ.デジタル版12月号は収録作品が多い!

なんと、ジャンプSQ.デジタル版12月号の特典として、ちょっとムフフな「ToLOVEる ダークネス」がフルカラーで収録されていたり、読み切りだった小畑健の「HELLO BABY」が再び読めるようになっています!

photo-8

また、ジャンプSQ.デジタル版の配信を記念し、先月の11月号が無料でダウンロードできるのもすごい!!バックナンバーのダウンロード販売も始まっているので、これから読み返すこともできます。

便利で読みやすいデジタル版!1月号は「岸辺露伴は動かない」も掲載

ということで、スマホで読めるジャンプSQ.デジタル版は便利だし、「プラチナエンド」が読みたくて毎月買ってしまいそうです!12月4日発行の1月号では荒木飛呂彦の「岸辺露伴は動かない」が掲載されるし、「ジョジョの奇妙な冒険」ファンにはたまらないでしょうね!

そういえば最近マンガを読んでないな~という人も、普段からマンガを読んでいる人も、この機会にぜひジャンプSQ.デジタル版を読んでみてくださいね~!

ジャンプSQ. 2015年12月号

ジャンプSQ. 2015年12月号

posted with amazlet at 15.11.04
集英社 (2015-11-04)

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で