Xperia

【PR】仙台初「Xperia Z5 アンバサダーミーティング」を現地レポ!夜景も牛タンもZ5で撮ってきた! #xperiaアンバサダー

【PR】この記事は、Xperia(TM)アンバサダーミーティングレポーター企画です。

ソニーモバイルコミュニケーションズがXperiaの新機種を発売する度に開催しているXperiaアンバサダーイベントですが、2015年12月3日(木)には初めて仙台で「Xperia Z5 タッチ&トライ アンバサダーミーティング」が開催となりました。

東京で開催の際には必ず参加している僕は今回、Xperiaアンバサダーミーティングレポーター企画として現地レポーターとなり、仙台に突入してきました!

仙台でのXperia Z5 タッチ&トライ アンバサダーミーティングの様子をお届けするとともに、クリスマスイルミネーションや仙台グルメを満喫しながらそれらを「Xperia Z5」で撮ってきましたのでその模様もお届けします。もうね、素晴らしいカメラ機能に大興奮してしまいましたよ~!

仙台で初開催となるXperiaアンバサダーイベント

 

photo-4

さて、司会は同社の笹谷尚弘さん。東北はXperiaのユーザーが多いということで仙台での開催を嬉しく思うとおっしゃっていました。そうそう、地方の在住の人からは「ブロガーイベントは東京ばかりでズルい!」なんていう声をよく耳にしますから、ソニーモバイルコミュニケーションズさんのように各地で開催しようっていう企業は素晴らしいと思います。とはいえ、今回参加した仙台のブロガーはちょっと少ない印象でしたね(^_^;) “アンバサダー”を語るならイコール“大好き!”なはずなので、もっと積極的に参加してもいい気がしました。当日のキャンセルも多かったようですし、もしかしたら地方での開催は土日の方がいいのかな?なんて思ったりもしましたね。

photo-5

Xperiaは2015年1月から6ヵ月連続でAndroidスマートフォンとしてシェア1位に。ASUSとかHuaweiといった格安スマホの台頭が目立った2015年でしたが、やっぱりXperiaはすごく売れてる!それでいて、2015年冬モデルとしては一気に3モデルを投入してきたわけですから勢いがありますなぁ!

発売したのは3モデルはこちら。

  • Xperia Z5 Premium(ドコモのみ)
  • Xperia Z5(ドコモ、au、ソフトバンク)
  • Xperia Z5 Compact(ドコモのみ)

 

photo-93

3モデルの性能差はほとんどないに等しいそうで、ディスプレイサイズ・解像度が違うくらいとのこと。だとしたら、現在「Xperia Z3 Compact」を使っている僕としてはやっぱりXperia Z5 Compactがピッタリかなぁ~。

ここで笹谷さんによると、Xperia Z5 CompactはAppleの「iPhone 6s」よりもぜんぜんバッテリーの持ちが良いとバッテリー駆動時間の長さをアピール。さらに、重量も軽いとのことです。実際にiPhone 6sは143gであるのに対し、Xperia Z5 Compactは厚さが8.9mmとiPhone 6sの7.1mmに比べるとやや厚みがあるものの138gと軽量になっています。

やっぱりXperia!圧倒的に美しいデザイン

Xperiaといったらシリーズを通して断トツのデザインの良さですよ。そりゃ人の好みにもよりますが、他社のスマホよいも圧倒的にカッコいいし、ずっと手に持って見ていたくなる良さがあるんですよね。Xperia Z5シリーズの3モデル共通デザインとしては、サイドフレームはアルミを削り出しでロゴを入れています。

Xperia Z5は背面のガラスはピカピカツルツルではなく、指紋がほとんど目立たないようなフロストガラス(すりガラス)を採用。フロストガラスの削り方にはかなりこだわったそうで、持ったときの質感や見栄えを重視しながらも、汚れが拭き取れるかどうかのバランス調整が苦労した点とのこと。身の回りのものと違和感のないものにしようということでこういった質感・色にしたんだとか。これにより、生活の中に馴染みやすいデザインになっているんですね~。

photo-95

カラーバリエーションはホワイト、グラファイトブラック、ゴールド、グリーンの4色ですが、わりと評判がいいのはグリーン。ソニー・エリクソン時代からグリーンにこだわっているメーカーだったりするそうです!確かに、あのグリーンの丸いマークも好きだったなぁ。あぁ、こういうのを聞くと一気にグリーンが欲しくなる(笑)

photo-86

やっぱり“中の人”からこういったお話を聞けるのはアンバサダーイベントに参加したからこそ。まだ序盤だけどいきなり来て良かった~と感じてしまった僕です。

Xperia Z5 Compactはホワイト、グラファイトブラック、コーラル(ピンク)、イエローの4色。「Xperia Z1f」が出たときもイエローが速攻で売れたとのこと。色は個人の趣味趣向・主観によって選ばれるものなので、多くの人に好まれる色だけでなく一部のユーザーの心にも刺さる色をしっかり用意。でも、下品にならないように、どちらかというと上品になるようにデザインやカラー選びには注力しているそうです。

photo-96

Xperia Z5 Premiumは今回から投入となった、高級シリーズ。話題的に4Kディスプレイが何かと目立ってしまいますが、本体デザインもすごい。カラーバリエーションはクロムとブラックの2色。クロムは背面の光沢がすごくて鏡の代わりになるため、メインカメラでも自撮りできちゃう!でも、指紋が付くのが若干気になるかもしれませんね。ブラックも同じですが、こちらは今までのXperia Zシリーズのブラックに近い感じで、手に持つとクールな印象を受けました!

photo-69
(クロムはまるで鏡!)

 

電源ボタンに内蔵された指紋センサー

これまでのシリーズにあった電源ボタンの場所が指紋センサーありの電源ボタンになりました。この細くて小さい指紋センサーは本体を右手で持てば親指、左手で持てば人差し指の位置となるよう、押しやすい位置に設置したそうです。この指紋センサーのボタン部品を本体にハメ込むために、0.0数ミリという非常に細かい精度で削るという努力していることをおっしゃっていました。

photo-13

電源ボタンに指紋センサーが搭載されたことで、スリープ状態からのロック解除がワンタッチでできるようになりました。iPhoneと違うのは、画面をオンにするときだけでなくオフにする際にも同じ指紋センサーを押せばいいという点。iPhoneでロックを解除する際は指紋センサー(ホームボタン)を押すけど、画面をオフにするときにはわざわざ電源ボタンの方を押さなければいけませんからね。。。オン・オフが同じボタンで済むのはXperia Z5の良いところだなぁ~と感じました。

放熱問題をクリアした2つのポイント

夏モデルとして発売した「Xperia Z4」はプロセッサの性能向上による熱問題が話題になってしまいましたが、Xperia Z5ではそれらを2つの点で解決。

photo-16

熱源となるCPUとカメラの位置を1mmでも遠ざけようと基板を再設計し、両方の熱を逃がすためのヒートパイプを2本採用。さらに、Xperia Z5シリーズは防水であるがゆえに一切空気を出し入れしての放熱が不可能なんですが、今回は熱伝導樹脂を採用することで放熱効果を高めたそうです。この熱問題の対応は非常に苦労したとのことです。

photo-84

 

AFが速い!さらにキレイに撮れるカメラに!

そして、凄すぎるのがカメラ。どこまでスマホのカメラが進化していくのだろうかとほんとにビックリなんですが、Xperia Z5シリーズではまたまたカメラ機能が向上しています。

そもそも、カメラって画素数が多ければ多いほど必ずキレイな写真が撮れるといったものではありません。カメラに搭載されたイメージセンサーの大きさも大切なんです。どういうことかひと言で説明すると、センサーサイズが大きければ大きいほど1画素あたりに多くの情報を詰め込むことができます。つまり、1画素の質が良くなるというわけ。

デジカメでもスマホでも、カメラ性能をチェックするときにはセンサーサイズ(1/2.3型とか1/1.7型とか1型とか)を見るようにし、より大きいセンサーサイズを選ぶと良いです。1/2.3型よりも1/1.7型の方が大きいというのはパッと見てわかりますよね!

photo-29

さて、Xperia Z5は現存するスマホの中で最も大きい1/2.3型のイメージセンサーを搭載しています。他社は1/2.6型だったり、1/3型だったりと、小さいセンサーなんです。

実はZ4でも同サイズでしたが、この大きなセンサーに加えてさらに画素数が高くなった約2,300万画素の裏面照射積層型CMOSイメージセンサーExmor RS for mobileを搭載しています。レンズはもちろんソニーのGレンズ。絞り値は光を多く集められるF2.0で、Z4では25mmでしたが、24mmと広角になり、約17%ワイドな画角での撮影が可能になりました。

photo-24

凄いのがオートフォーカス(AF)の速さが0.03秒ってこと。

photo-31

世界最速らしい!なんだかよくわからないという人もいるでしょうから、百聞は一見に如かず!この動画をご覧ください。(お弁当は~っていう音声は気にしないでくださいw)

Xperia Z5のAF速度テスト、パート2。 #xperiaアンバサダー

@asuka_xpが投稿した動画 –


どうですか?手前から奥のものへのピント合わせがめちゃくちゃ速いですよね。

もう1つビックリしたのがHDRです。HDR撮影はこれまでの写真を2枚重ねて合成していたのですが、これを3枚重ねで合成するようにし、露出不足による黒つぶれや露出オーバーでの白とびが防げるようになったんだとか!このことから逆光時の撮影にも強くなりました。

4K視聴と4K撮影から写真を切り出しが可能なXperia Z5 Premium

そして、Xperia Z5 Premiumでのみ可能なのが4K映像の視聴です。スマホとして初めて4K(3,840 × 2,160ドット)のディスプレイを搭載。つまりフルHDの4倍となる高解像度の映像をXperia Z5 Premiumのディスプレイでそのまんま見ることができちゃう!4Kの映像じゃなくても4Kへアップスケーリングし、非常にキレイに見える。

photo-91

このお手製の4Kシアター環境にXperia Z5 Premiumを設置して首を通すと、まるで映画館のように映像に集中して4K映像を楽しめました!映像は映画『スペクター』の予告編動画だったのですが、まったくギザギザが見えず、4Kの凄さに腰を抜かしてしまいましたよ~(^_^;)

photo-72

そんなXperia Z5 Premiumでしか使えないカメラ機能として、30コマで撮影した4K動画から829万画素の静止画を切り出せるのはポイント高し!!メモリーの空き容量に注意が必要ですが、ガンガンに4K動画を撮っておいて後で4K動画から場面場面の1コマを切り出せば、シャッターチャンスを逃さずに済む。動画からキレイな写真を作り出せるのはビビりますね~!

photo-52

 

photo-78
(4K視聴中にみんなから取り残されるじぇみ嬢)

仙台で開催された「Xperia Z5 タッチ&トライ アンバサダーミーティング」ではこのほかにもたくさんの注目ポイントが発表されたのですが、以上の点が僕の心に突き刺さりました!すごいよXperia。。。

アスキーでXperiaアンバサダー向けキャンペーン!

会場には週アスでおなじみのアスキー編集部のゆうこばさんがゲストで登壇。アスキーではもっとXperiaアンバサダーの人たちと交流したい!とおっしゃっていて、なんと、Xperiaについてブログに書くとアスキーで取り上げてくれるキャンペーンを実施するとのこと!!

photo-61

こちらの2つのキャンペーンがもう始まっています。内容と期間は以下のとおり。

  1. 「Xperia移行ワザ」テーマ:Xperiaに乗り換えるべき理由(12月3日~12月23日)
  2. 「Xperiaフォトコン」テーマ:わたしのクリスマス・お正月(12月3日~1月7日)

応募方法はそれぞれ #Xperia移行ワザ #Xperiaフォトコン をブログの記事タイトルにつけて自分のブログにアップするだけ。アスキー編集部がチェックして採用されればSNSや特設ページで紹介してくれます!この仙台会場で発表されたキャンペーンなので、まだ知らない人も多いかと思います。Xperiaアンバサダーの人はぜひ参加しましょう!

photo-63

 

「Xperia Z5」で撮った仙台グルメや夜景の写真

仙台での現地レポーターとして参加したので、ここからは仙台でXperia Z5を使って撮影した写真をご紹介しますよ!どれも無加工で、補正していない写真です。

Xperiaアンバサダーイベントの会場でやってたイルミネーション

住友生命仙台中央ビル SS30の最上階(30階)にある無料展望台から見た仙台の夜景。

 

30階と29階

展望台の柱に鏡があったので遊んでみました

自撮りからの~

落とされるシーンの自作自演

ホテルモントレ仙台

 

ずんだ茶寮のずんだ餅プチ

ずんだシェイク

牛タン焼専門店「司」の牛タン!

寄った牛タン

Xperia Z5はiPhoneと違って、マニュアルでホワイトバランスを変えたり、ISO感度を調整したり、色温度を変えて雰囲気の異なる写真がいろいろ楽しめました!撮影が楽しくて時間を忘れてしまい、住友生命仙台中央ビルの展望台が閉館の時間までみんなでいましたよ~(笑)自撮りのときは25mmのフロントカメラでけっこう広範囲の形式が撮れますね。AFの速さも体感できるほど素晴らしいし、しばらくモニターできるので写真をガンガン撮りたいと思います!

さて、次回の「Xperiaアンバサダーミーティング」は東京での開催(12月10日)。また僕も参加しますので、Xperiaアンバサダーの方はよろしくお願いします!もうイベント参加には間に合わないけど、まだXperiaアンバサダーに登録していない人はぜひどうぞ♪

関連:Xperiaアンバサダープログラム登録用フォーム

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で