ガジェット

Web経由での撮影に対応した「Canon iVIS mini」の新ファームウェア ver1.0.1.0は起動も速くてイイぞ!

小さいボディで広い範囲を撮影できる、自分撮りビデオカメラの「Canon iVIS mini」は何度もこのブログでご紹介してきましたし、自分でも購入してしまったほど気に入っております!

 → 米ディズニーランドでビショ濡れ!Canon iVIS miniと「スプラッシュプルーフケース SP-V1」で撮った動画が衝撃的!
 → キヤノンの超広角・自分撮りビデオカメラ「iVIS mini」は動画がついハイテンションになっちゃうよ!
 → 【水曜どうでしょう祭】札幌へ向かう途中、山形・米沢駅で「Canon iVIS mini」を使って動画を撮った!
などなど。

そんなiVIS miniですが、なんと、4月10日にキヤノンさんから「ファームウェア Version 1.0.1.0」がリリースされました!ファームウェアとは例えるならスマホのOSのバージョンアップみたいなもので、このファームウェアを更新するとiVIS miniの機能が追加されたり、より快適になったりするんです!

今回、僕はキヤノンさんからひと足お先にVersion 1.0.1.0に対応したiVIS miniをお借りし、しばらくの間モニターさせていただくことになりました。起動が速くなるなど嬉しい改善点もあるので、実際に使ってみてその特徴を解説しますね!

起動が高速化!

まず使ってみて感じたのがコレ。起動が速くなった!!電源を入れてから撮れるようになるまでの待ち時間(起動時間)は今までも許容できるレベルでしたが、速くなったのでストレスがなくなりました。撮りたいときにすぐ撮れるのは嬉しすぎる!!

動画撮影中に誤って再生ボタンを押しても再生されない

これは地味に嬉しい機能。今までは動画を撮っているときにウッカリ再生ボタンを押してしまうと、強制的に録画が止まり、再生モードに切り替わってしまったんですよね。しかし、新ファームウェアではその問題が解決!動画撮影中では再生ボタンを押しても再生はされません。

マクロなど撮影モードが変えやすくなった!

従来からの変更点の1つにメニューの改善があります。「マクロモード」がすぐ隣(上)に置かれたことで、通常撮影モードからマクロへの変更が楽チンになったんです!

そういえば今までマクロモードを使ったことがなかった(笑)これからは使ってみよっと。

スマホから映像を確認しながらRemote撮影!保存も

スマホとの連携もパワーアップしました!アプリ「CameraAccess plus App」(無料)をダウンロードしておきます。従来の「CameraAccess App」(無料)とは異なりますので注意。

th_写真 2014-04-09 12 23 54

このアプリと連携させることでスマホをリモコン&ファインダーとして使うことができ、ちょっと離れた場所からでもiVIS miniの映り具合を確認しながら録画を開始・停止できます!露出の調整や拡大・縮小も可能。

動画はiVIS miniのmicroSDカードに保存できるほか、スマホ側に保存することもできますので、すぐにSNSやYouTubeにアップすることだって容易です。一方、静止画はスマホ側へは保存できず、iVIS miniの方にだけしか保存できないのがちょっと残念かなぁ。

まぁ、リモコン機能は従来もありましたけど、すごいのは次の機能です!

外出先から家の様子をリアルタイムで見ることができる!

新ファームウェアによって新たに追加されたのが「宅外モード」。

「宅外モード」ではその名の通り、家の外からでも自宅のiVIS miniの映像をリアルタイムで確認しながら撮影できる機能。

th_写真 2014-04-09 12 25 01

使い方はiVIS miniをあらかじめ自宅のWi-Fi環境に登録しておく必要があります。アクセスポイントはSSID(ネットワーク名)とかの設定のことですね。

設定を終えたら、下記のように表示されているカメラIDへスマホから接続し、パスワードを入れればOK。

th_写真 2014-04-09 12 59 08

このようにLTE回線からインターネット経由で自宅内のiVIS miniを操作、録画ができます!

また、別売アクセサリー「Canon カメラパンテーブル CT-V1」が使えるようになり、グルグルっと回ってアングルを変えながらの撮影ができます!インターネット経由でカメラの操作ができ、左右200°の範囲にパンが可能。

Canon カメラパンテーブル CT-V1
キヤノン (2014-04-10)

宅外モードでも、カメラパンテーブルの使用にせよ、これは別売りの電源ケーブル「Canon コンパクトパワーアダプター CA-110」が欲しくなりますね~(笑)

@asuka_xpの感想

起動の高速化、マクロモードへの切り替えがスムーズになり、インターネット経由で外からリアルタイムで映像を確認しながら録画にも対応した「ファームウェア Version 1.0.1.0」。このように購入後にも機能が強化されていくカメラや家電は今でこそ増えていますが、新しいファームウェアが登場したら確実にダウンロードして本体の更新を行ってほしいと思います。iVIS miniは間違いなく使いやすくなりました!

まだiVIS miniを使っていない人も多いことでしょう。実はこれキヤノンオンラインショップでの限定販売となっていて、家電量販店や一般的なカメラ屋さんでは売っていないんです。知る人ぞ知るビデオカメラってことで、気になった人はチェックしてみてくださいね。
僕にとっては自分撮り動画を作るときにめっちゃ活躍してるし、手放せないビデオカメラです!「ファームウェア Version 1.0.1.0」で撮った動画はまた近日中にアップしたいと思いますのでお楽しみに!

 → iVIS mini ファームウエア Version 1.0.1.0

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で