ゲーム

「PlayStation VR」、10月に44,980円で発売!スペックと写真を再確認

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が2016年3月16日、PlayStation 4で360°のバーチャルリアリティ(VR)映像を楽しめるヘッドマウントディスプレイシステム「PlayStation VR(CUH-ZVR1)」を2016年10月に発売すると正式に発表しました!価格は44,980円(税込48,578円)。

PlayStation VRの読み方は「プレイステーション ヴィーアール」。

PS VRは最大225インチ(横幅5メートル)のスクリーンが2.5メートル先にあるように感じられ、首を振ったり頭の角度を変えるとそれに応じて目に見える映像も傾いたり方向が変わったりするバーチャルリアリティ映像に対応したゲーム映像を体験できるディスプレイです。

すでに50本以上のソフトが対応予定で、発売と同時にPS VR専用ソフト「THE PLAYROOM VR」を無料配信することも決まっています。個人的にはスクウェア・エニックスの「ファイナルファンタジー15」もPS VRに対応することを電撃発表するんじゃないか?と睨んでいるんですが。。。どうかな~?(笑)

そして、PS VRでは「RICOH THETA S」のような全天球カメラなどで撮影した360°全方向を見渡せる写真や動画も楽しむことが可能。THETAは普通のディスプレイで見ると指やマウスでぐりぐり回して見る映像が微妙で好きじゃないのですが、PS VRではまるでその場にいるかのようなリアルな全方向映像が見られるので面白そうです。

「PlayStation VR」のスペック

商品名 「プレイステーション ヴィーアール」
型番 CUH-ZVR1シリーズ
発売日 2016年10月
希望小売価格 44,980円/399USドル/399ユーロ/349ポンド
外形寸法 VRヘッドセット:約187 × 185 × 277 mm(幅×高さ×奥行き、最大突起部除く、ヘッドバンド長さ最短)
プロセッサーユニット:約143 × 36 × 143 mm(幅×高さ×奥行き、最大突起部除く)
質量 VRヘッドセット:約610 g (ケーブル含まず)
プロセッサーユニット:約365g
ディスプレイ方式 OLED
ディスプレイサイズ 5.7インチ
ディスプレイ解像度 1920×RGB×1080
(左右の目それぞれに960×RGB×1080の映像を表示)
リフレッシュレート 120Hz、90Hz
視野角 約100度
搭載センサー 6軸検出システム (3軸ジャイロ・3軸加速度)
接続端子 VRヘッドセット:HDMI端子、AUX端子、ステレオヘッドフォン端子
プロセッサーユニット:HDMI TV端子、HDMI PS4端子、USB端子、HDMI端子、AUX端子
プロセッサーユニット機能 3Dオーディオプロセッシング、ソーシャルスクリーン(ミラーリングモード/セパレートモード)、シネマティックモード
内容物 VRヘッドセット × 1
プロセッサーユニット × 1
VRヘッドセット接続ケーブル × 1
HDMIケーブル × 1
USBケーブル × 1
ステレオヘッドフォン(イヤーピース一式)× 1
電源コード × 1
ACアダプター × 1

上記の内容物からわかる通り、けっこういろいろなケーブルなどが入っています。VRヘッドセット本体のほかに、プロセッサーユニットがあることもわかりました。

12132528_1066438166756809_8289433214117542777_o

PS VRを写真でチェック!

PS VRを後ろ側から見た様子。

真横から見た様子。

薄くブルーに光るのがかっこいいですね!

PS VRを着けた一人だけが見える映像と、他の人が別の映像で楽しむ、ってことも可能。

10月の発売が今から楽しみだ~!!PlayStation 4をまだ持っていない人はそろそろ買い時かもしれませんね。「ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり」はもう5月に発売されますし、今年もPS4はめちゃくちゃ盛り上がりそうです。

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2015-06-29)
売り上げランキング: 5

ソニーはワイヤレス方式のヘッドマウントディスプレイ HMZ-T3Wをすでに発売済みですが、ゲームを楽しまない人はこちらの方が良さそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で