感想

『シン・ゴジラ』4DX版の感想、庵野秀明はゴジラの名で実写版エヴァを完成させた

写真 2016-07-29 22 04 42

ついに公開となった映画『シン・ゴジラ』(2016年7月29日公開)の4DX版を観てきました。『シン・ゴジラ』は昔から庵野秀明監督が憧れてきたゴジラを、自らの手でオリジナルストーリーにして作り上げた作品。なので、以前のゴジラを観ていなくても十分に楽しめましたよ!

もうね、観た感想をズババババーっと語りたいところなんですが、まず最初にお断りしておきますと僕はもとのゴジラをほとんど観ていないし、ゴジラに関する知識は原子力で突然変異した生物であることと口から炎のようなビームが出ることくらいしかありません。なので、往年のファンには申し訳ない失礼な表現もあるかもしれません。そのあたりはご了承ください。

ストーリーに関する直接的なネタバレのないように感想を書いたつもりですが、わりと無理があり、ちょっとのネタバレは勘弁してください!

【シン・ゴジラ 予告編動画】

ゴジラを知らなくても楽しめる!むしろ、エヴァファンは絶対に観ろ!

あれ?どこかで見たなとか、このカメラのアングルって庵野秀明っぽいなとか、おぉぉぉ~い!エヴァのBGMやんけ!みたいな、“エヴァファンならクスクス笑ってしまう”を通り越して、「これはもう実写版エヴァだろ!」と言い切っちゃう人が絶対に多いはず。

なので、エヴァファンは間違いなく喜んで観られる作品です。石原さとみが演じるヒロインで米国大統領特使のカヨコ・アン・パタースンはまるでエヴァの惣流・アスカ・ラングレーっぽいな~と思い、ついついキャラを重ねて見てしまいました。石原さとみカワイイ。

『シン・ゴジラ』は見どころがいっぱい。うぉぉぉぉ!!と、エヴァファンならテンションMAXになる“あのBGM”と、数々の自衛隊による攻撃のシーンは必見ではないでしょうか。ネタバレになってしまうので詳細は言いませんが、後半に入ってからのゴジラの攻撃の凄さと、逆にゴジラへの攻撃手段がともに想像を絶するもので、思わず爆笑してしまいました!

決してシンジ君ではない主人公がカッコいい!出演者は総勢328人

まぁ、そこまでエヴァンゲリオンと比較しても仕方ないのですが、エヴァとまったく違うのは主人公の性格です。

碇シンジがダメ人間なのに対し、『シン・ゴジラ』で長谷川博己の演じる主人公で内閣官房副長官の矢口蘭堂は真のリーダーにふさわしい真面目で責任感の強い男。マジでカッコいいですよ。最初から最後までカッコいい。イケメンすぎます。ただ、矢口の家族とか周辺の人間関係がよくわからなかったのが残念だったかな~。なので、矢口が置かれている立場にそこまで感情移入できなかった。

ついでに言うと、矢口を支える内閣官房副長官秘書官の志村祐介を演じている高良健吾は僕の大好きな『ハゲタカ』にも出演してた人ですね。この人がわりといい味を出してる!

そうそう、そうと驚いたのが出演者の多さ。とにかく出演する俳優の数がすごくて、名のある俳優たちがエンドロールが3列で表示されてるの(笑)ベテラン勢がこんなにも総出演する映画はなかなかないですよ。総勢328人だって!

そして、エンドロールでキャストの最後に野村萬斎の名前が出てくるんだけど、僕はわりと野村萬斎のことが好きなのに野村萬斎がどこで出演していたのかまったく気づかなかった。。。が!なんと、調べてみたらゴジラのモーションキャプチャーを担当しているのが野村萬斎だったことがわかり、これまたビックリ!なるほど、あの歩き方はそうだったのね~。

『シン・ゴジラ』から受けるモノ

それと、事前情報で広く伝わっているので言っちゃいますが、東京・蒲田(大田区)にゴジラが出現したという設定で大人数のエキストラを投入しての大規模なロケが行われたとおり、あのゴジラから逃げまわる人々や自動車のシーンは日本映画としては記録に残る映像になったのではないでしょうか。個人的にはとても衝撃的でした。

最後に、この記事タイトルをこのように付けたのは、庵野秀明監督が実写版エヴァを作ったらきっとこうなったのだろうな~と少なからず感じたから。おそらく、庵野監督が何か作ったら僕らはだいたいエヴァっぽく感じてしまうんだろうけど、それでも『シン・ゴジラ』にはあえてエヴァらしさを意図的に入れてある。これは言うまでもなくエヴァを意識しているから。もしくは、エヴァがゴジラっぽいのかもしれないですね。でも、『シン・ゴジラ』は決してエヴァではない。そのあたり庵野秀明の昔話などは『アオイホノオ』を見返すとわかるのかな。

庵野秀明に直接聞いたわけじゃないのであくまでも僕の想像だけど、彼は『シン・ゴジラ』という空想特撮映画を作るにあたって単なる面白い映画作品を作りたかっただけでなく、作品を観た観客から「やっぱり日本という国はこうだよね」と、同意と否定のメッセージを同時に求めているように感じました。劇中では原発や放射能、政府組織、安全保障とか自衛隊の問題までもさまざまな点に突っ込んでいます。

とはいえ、決してう~んと考え込むような難しい作品ではないし、映画としてめっちゃ面白かったです!やっぱり、あの自衛隊のシーンは何度観ても楽しめると思う。そういえばぜんぜん4DXの話には触れなかったけど、すごく臨場感があったとお伝えしておきます!とりあえず、『シン・ゴジラ』はあと2回は劇場で観るかな。あ~、エヴァも観たくなってきた~!!

 → 『シン・ゴジラ』4DX版 上映スケジュールを調べる

ユナイテッド・シネマ 最新映画

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で