Canon EOS M5

[レポート] Canonの新ミラーレス「EOS M5」を実際に触ってきたので特徴をざっくり解説

キヤノンが2016年9月15日、ミラーレス一眼カメラのフラッグシップモデルにあたる新ライン「ミラーレス一眼カメラ Canon EOS M5」を発表しました!発売日は11月下旬。価格はボディだけで税込121,500円です。

発表となった当日、東京・銀座のキヤノンギャラリーでタッチ&トライができるというので、さっそく触ってきました。

photo-15

どうして「EOS M4」じゃないの?と疑問に思ったのは僕だけじゃないはず!キヤノンギャラリーのスタッフさんにお話を聞いたところ、EOS M5はEOS M3とは別ラインであり、EOS M3の後継機種ではないとのこと。後で特徴を記述しておきますが確かにM3とはちょっと別格すぎる上位機種なんですよコレ。

M→M2→M3と続いてきた1ライン体制が、M10が出てから2ラインになり、さらにM5の登場で、EOS Mシリーズは全部で3ラインになったということでしょうかね。憶測ですが、今後はM5 mark II、M5 mark III、といった具合のナンバリングになっていくのかもしれません。

Canon EOS M5 の特徴

さて、EOS M5の特徴を見ていきましょう!これです。多すぎます!!

  • 「デュアルピクセルCMOS AF」でAFが超高速
  • EVF(電子ビューファインダー)を内蔵
  • 最新の映像エンジンDIGIC 7
  • 常用ISO 25600
  • タッチ&ドラッグAFが便利!
  • AFフレームサイズ「小」でより細かいピント合わせが可能に
  • TTL測光で正確な測光を実現
  • 高速連写が最高約9コマ/秒に向上(M3は約4.2コマ/秒)
  • 1秒の高速起動(M3は1.58秒)
  • 液晶が3.2型・約162万ドットに向上(M3は3.0型・約104万ドット)
  • Bluetoothを搭載し、省エネで常にスマホと接続
  • バッテリーはM3と同じ「LP-E17」
  • サイズは115.6(幅)×89.2(高さ)×60.6(奥行)mm/重量は約427g(ボディのみだと約380g)

もっと特徴はたくさんあるんですが、あまり細かい点も挙げちゃうのもわかりづらいと思うのでこれくらいにしておきますね。

photo-4

短い時間でしたが、Canon EOS M5を触ってみた感想をざっくり述べておこうと思います。

※試作機のため展示機の画面撮影やデータの持ち帰りはNGだったのでお許しを。。。

実際に触ってみた感想

 

やや重くなったが、携帯性の高さは評価

EOS M5は重量が約60グラムほど重くなり、サイズもやや大きくなっています。しかし、これは誤差の範囲。EOS M3ように携帯性は高いですし、レンズ3本と一緒に持ち歩いても1キログラム程度と軽量なのは変わりありません。

photo-18
(ボディサイズはそれほど変わらない)

 

 

マジでAFが超高速!

約2,420万画素の全画素が撮像と位相差AFの両方を兼ねて機能する「デュアルピクセルCMOS AF」をキヤノン製ミラーレス機として初めて搭載。なんだか凄そうです。

ショールーム内で実際にオートフォーカス性能を試してみたところ、体感的にはっきりわかるほど瞬時に焦点が合いました!屋外や条件の違うところではまたどうなるかはわかりませんけど、EOS M5のボディを撮るために持参した自前のEOS M3との差は歴然。。。うぅ~。わずか1年半でここまでも。。。超高速です!参勤交代です!!!

動画撮影は試していません。きっと撮影全般が良くなっているんだろうと期待しています。

photo-17
(電子ダイヤルが1つ増え、より操作しやすくなりました)

 

「タッチ&ドラッグAF」はEVFをのぞきながら自由なフォーカスがイイ!

EOS M3では外付けオプションだったEVF(電子ビューファインダー)がEOS M5では内蔵されました。
EVFなんていらね~よ、と思っていた時期もありましたが、ディズニーランドなど屋外での撮影では液晶画面が見づらい場面が多く、やっぱりファインダーをのぞいて撮影したいよね!っときに重宝します。

photo-3

外付けとなるEOS M3ではスピードライトなどの外部ストロボとEVFは排他的なので、スピードライトを使いたいときは液晶を見ながら撮る必要があってなかなかこれが悩みのタネでもありました。EOS M5ではそんな心配は不要なのでイイね!

photo-19

EVFが内蔵されただけにとどまらず、キヤノンが満を持して搭載してきたのが「タッチ&ドラッグAF」。

EVFで被写体をのぞいている際に、液晶に指を当て、フォーカス位置をまるでPCのマウスのように操作することで、好みの位置にフォーカスを合わせられるというもの。しかもリアルタイムに。これはちょっと感動しましたね!液晶に当てた指をす~っとなぞると、フォーカスが気持ちよく移動する!構図を変えずにフォーカス位置だけを変えられるので、ストレスなく撮影を進められます。
(※繰り返しますが、試作機のため展示機の画面撮影やデータの持ち帰りはNGだったのでお許しを)

なお、EVFをのぞくと「タッチシャッター」は自動的にOFFになるので、「タッチ&ドラッグAF」を実行している際に誤ってシャッターが切れるということはありません(実際にテスト済み)。

photo-14
(ボタンが押しやすいスプーンカットはキヤノンならでは)

 

自撮りはしづらい!バリアングル液晶を採用してほしかった

EVFが内蔵されたことにより、チルト液晶は上方に回すことが不可能になりました。一応、上方向に約85度まで回転することは可能ですが、EOS M3のように180度回して自撮りに使うことができなくなったんですね。

そのかわり!!

上がダメなら下だ~!!と苦肉の策を用意したキヤノンさん。なんと、液晶が下方に180度回転できるようになりましたwww ある意味すごい!

photo-7

 

photo-8

これなら横に開いて上下に回せるEOS 80Dのようなバリアングル液晶にしてほしかったな~(^_^;)

内蔵スロトボは中央の上部になっています。

photo-9

 

EF-Mレンズに新たな仲間が!高倍率ズームレンズ

なお、キヤノンギャラリーでEOS M5と一緒に試させてもらったレンズは同時に発表された「EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM」。35mm換算で29-240mm相当の約8倍ズームが可能な高倍率ズームレンズです。価格は税込で73,440円で、同じく11月下旬の発売。

photo-2

EOS M5と組み合わせることで、スムーズに流し撮りができる「コンビネーションIS」に対応し、強力な手ブレ補正が可能となります。重量は約300グラムと軽量。対応レンズフードはEW-60F(フィルター径は55mm)。

photo-11
(microUSBに変更となったがUSB充電には非対応。残念!)

 

まとめ

ということで、短い時間であったため十分には触り倒すことができませんでしたが、ちょっと試しただけで今のEOS M3からEOS M5に買い替えたくなりました。

Bluetoothでスマホと常時接続できるのでスマホをリモコンとして使ったり、NFCでのタッチよりもスムーズにWi-Fi接続を可能にし、スマホへすぐに画像を転送することも可能です。ディズニーランドで撮影した写真を、その場でInstagramに即アップも朝飯前なんでしょうね!軽量で持ち運びやすく、性能がアップした「Canon EOS M5」。これまたディズニー好きな人にとってオススメの一台が増えましたなぁ~。

Canon EOS M5は2016年11月下旬に発売予定です。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で